薬剤師おーろの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

生活習慣病予防のための運動量~METs(メッツ)とExercise(エクササイズ)~

メッツと聞いてキリンのシュワシュワするやつが思い浮かんだおーろです。

こんな頭で70kg切れるんかいな?

 

朝のウォーキング、なんと続いています。

習慣になるまでもうひと頑張り!

 

それはさておきウォーキングをするようになると不思議と運動について興味がでてくるわけでして。昔どこかでみたメッツとエクササイズってなんだったけなぁと思って調べてみました。

健康・体力づくり財団のサイトがわかりやすかったのでそこから抜粋。

(てか、いろんな財団あるんやね(^_^;))

公益財団法 健康・体力づくり事業財団公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

エクササイズ(Ex)

身体活動の強度Mets(メッツ)×身体活動の実施時間H(時)

エネルギー消費量(kcal)

=1.05×エクササイズ(Ex)×体重(kg)

(Mets(メッツ)は、身体活動の強さが安静時の何倍に相当するかを表す単位。
座って安静にしている状態が1Met、普通歩行が3Metsに相当する)

 

ふむ、なるほどなるほど。

 

・・・ってなるかい!!

 

いまいちピンとこない。

続きを読んでるとこんな図が出てきました。

 

【1エクササイズに相当する身体活動

f:id:masaoro:20181127183057p:plain

 

何を何分すれば1Exに相当するかが一覧になってるから、これだとイメージしやすくなるね。

別のサイトでもいろいろな項目の換算表が出てました。

身体活動のエクササイズ数表

 

で、どのくらいのエクササイズをすればよいのかというと・・・

エクササイズガイド2006では、週23Ex(エクササイズ)以上の活発な(3Mets以上)身体活動生活習慣病予防に効果的だとしています。

(エクササイズガイド2006)

 

目指すは23Exですね。

ここ1週間の自分の状況を振り返り。

 

【朝の運動】

 軽いジョギング10分(1Ex)+ 歩行20分(1Ex)=2Ex×5日⇒10Ex

【仕事】

 立位でのPC作業(1.5METs)× 2時間=3Ex × 5日 ⇒15Ex

【テニス2試合(休日)】

 7METs×0.5時間=3.5Ex

【こどもと遊ぶ】

 4METs×1時間=4Ex

【合計】

 10+15+3.5+4⇒32.5Ex

 

パンパカパーン♪

23Ex突破してます!

 

でも朝の運動をやめたら23Exに届かないし、仕事の時も座ってPC作業をすると運動量が減ってしまうから日頃の習慣や心がけがとても大事だってことを再認識。

 

健康的な運動習慣で70kg切りするぞ~!

 

・・・1年前のブログで67kgくらいまで持っていきたいって書いてる。

ナンテコッタ(-_-)

12月中にどこまでやれるか、がんばってみます。

oro-pharmind.hatenablog.com

 

 

 エクササイズガイド2006はこちら↓

www.health-net.or.jp

 

 

次の元号ってなんだろう??

明日から12月。

今年も終わるな〜。

そういえば平成も終わるな〜、

 

そういえば次の元号は何になるんだろう?

まだ決まってないよな。

 

よし、ひとつ考えてみるか。

 

ポクポクポク・・・

 

チーン(^^)。

 

出ました。

 

「栄相」

 

これでどうでしょう?

読み方はいろいろあるけど、えいしょう、えいそう、えいあい、AI・・・

 

来たる次の時代の元号は「栄相」で。

 

お粗末さまでした。

 

 

読書の秋はまだ続く。

f:id:masaoro:20181129233217j:image

11月に購入した本たち。

 

動画2.0

新世界

新世界より

1分で話せ

日本国紀

ゼロヒャク教科書

 

今月は読みたい本がいっぱいあってTVやPCに触れることがほとんどなし。にもかかわらず「新世界より」とか長編小説だから徹夜になりかけて、危なかったし。

新世界より」はめちゃめちゃ面白かった。久々にハマった。

“動画2.0”は熱く、

“新世界”はあたたかくて優しく、

“1分で話せ”は頭がロジカルで、

“ゼロヒャク”教科書はこれから子育てに対するヒントがありつつ、自分にも取り入れたい部分があり、

“日本国紀”がまだ江戸時代のあたりを読んでる所。

 

いろんな人の考えや物語に触れるのは本当に楽しい!!

さて、これを自分にどう取り込んでいくか。

そんなことを考えつつ読書の秋はまだ続く・・・というよりまだ冬来ないで!!

読み終わってないからね、日本国紀。

 

電子書籍も悪くないけど、やっぱり紙の本の方が没入感を得られやすいなぁと思うアラフォー人間なのでした。

 

WALKRUN開始の備忘録 歩くのも走るのもやってみると案外楽しいもんだね。

先週から体重減少プロジェクト(仮)としてWALKRUNを始めたおーろです。

 今回のブログはWALKRUNを始めるにあたり、いろいろ考えたことの備忘録です。

 

・いつやるか?

今でしょ!」って言いたいところだけど、そうもいかない。

平日は仕事もあるし、やるなら朝か夜になる。

個人的には夜にやりたい。

でも子供と一緒にお風呂に入るのは僕の数少ない家事手伝い(汗)。

ここは外せない。

お風呂入った後に外に出るのもちょっとなぁということで朝やることにした。

朝やるという事は早起きしないので、睡眠時間の調整。

僕は夜型人間で1時就寝、7時起床が基本スタンスだったんだけど、これを機に1時間ずらしてみることに。

というわけで睡眠時間は

0時就寝、6時起床に決定。

 

・どのくらいやるか?

これも重要。

あまり気合を入れて挫折してもいけないので、1日おき、1回30分のゆる~い設定にした。

昨今話題になっている「持続可能な」ってやつですよ。

 

Sustainable WALKRUN!

 

・歩くと走るの配分は?

僕は週1でテニスをしている。

でもトレーニング的なことはかれこれ10数年もやってないから、走ることに対する肉体的、精神的なハードルは高い。

(かっこよく書いたけど、ただビビッてるだけっす)

どうしようかなぁと考えた結果、WALKRUN用のミュージックプレイリストを作製してそれに合わせて歩いたり、走ったりしてみることにした。

プレイリストは3分~4分のアップテンポな曲を中心に構成。

これで歩くと走るの配分はバッチリさ~。

Spotifyもいいけど、朝の貴重な時間を使うからには自分の好きな曲がいいよね♪

 

・1週間やってみて気付いたこと

①家の周りの環境がWALKRUNに適していたことに気付く

車で通っていた時は意識してなかったけど、山、川、橋があって景色に変化があるのはWALKRUNにぴったり。

 

②歩く、走るって楽しいことに気付く

ただ歩く、ただ走るっているのは楽しくないと決めつけていたところがあった。

でも実際にやってみると違った。

朝の空気がすがすがしくて気持ちいい。

自分ひとりが街の中にいるという感覚は味わったことのない感覚。

やってみないとわからないことってあるなぁ。

 

③朝、体が軽いことに気付く

これも新発見。

以前に比べて出勤時に体が軽く感じるようになった。

日中の眠気も少ない。

睡眠時間帯を変更したおかげ?

朝のWALKRUNの効果?

どっちが影響してるのかはわからないけど、夜型より朝型の方がいいってことなんだろうね~。

 

④1週間で体重は減らないことに気付く。

そりゃそうだよね。続けます。

 

とまぁこんな感じです。

1日おきでやろうと思ったんだけど、楽しいので毎日やってます。

どこまで続けられるかな~?

先のことは考えず1日1日やっていこう♪

 

第3世代経口セフェムを紹介しているサイトと抗菌薬適正使用

第3世代の経口セフェムといえば
 
セフゾン(セフジニル)
・フロモックス(セフカペンピボキシル)
メイアクト(セフジトレンピボキシル)
・トミロン(セフテラムピボキシル)
・バナン(セフポドキシムプロキセチル)
 
が代表的なものになるかと思いますが、
第3世代セフェムを取り上げたサイトがありますのでそちらご紹介。
 
 
①日経Gooday

だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 
 
②日経Gooday

続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 
 
③日経メディカルナーシング
「だいたいウンコになる」抗菌薬にご用心!
 
 
 
タイトルに驚かれた方もいるかもしれませんが、
第3世代経口セフェムについてはその吸収率の低さからDU薬と言われることがあります。
吸収率が低いと言う事は血液に入る量が少ないということなので、
効果の面が疑問視される面があり、耐性菌を誘導する可能性もあるということです。
 
少し前にはなりますが、山陽新聞デジタルにも抗菌薬についての記事が載っていました。
 
 
耐性菌の増加や副作用の観点からも抗菌薬は適正に使用していきたい薬です。
製薬企業にとっても抗菌薬は収益が上がる薬ではないため、今後新薬の開発はあまり期待できません。
既存の抗菌薬をいかに上手に使っていくかという視点が必要になってくると思います。
 
”次の世代に使える抗生剤を残そう”
 
でも、現実には処方があるんですよね。
 
特に冬になると・・・
風邪をひいたということで・・・
 結構、頻繁に(泣)
 
このジレンマ、ちょっとずつでも解消していきたいものです。 
 
 

併用禁忌な薬たち ~セレギリンとSSRI・SNRI編~

併用禁忌の薬はいろいろあります。

その中でもセレギリンとSSRISNRIは見かける可能性が高い組み合わせだというのが僕の認識。

 

パーキンソン病だけに限らないのですが、病気になったときに考えることは・・・

 

なぜこんな病気に?

なぜ私が?

この病気治らないの?

なんで。

どうして。

 

病気になると、いろいろなことを考えると思います。その中で自分や家族と対話し、現実を認識する。そして受け入れる。受け入れることができず納得はできなくても、理解して、どうするかを考えていく。

 

でもそうなれないこともある。

自分との対話、家族との対話が難しい。

受け入れも理解もできない。

自分の殻にこもってしまう。

 

パーキンソンは体の動きが鈍くなっていく難病です。

治療の方針は“症状が進むのを抑えて、日常生活への影響を小さくすること”です。

でも治療を進めていくなかでどうしても気分が塞ぎがちになってしまうこともある。

そんなとき先生から

 

「元気がないようですね。少しお薬を使ってみましょうか?」 

 

と、話があり、抗うつ剤であるSSRISNRIが処方される。

ただパーキンソン症状が進んでいる方であればセレギリンを定期服用していることも稀ではないでしょう。

 

僕はこの仕事をして10年くらいになりますが、この併用禁忌には3回当たったことがあります。セレギリンを使用される方はパーキンソン治療薬の種類が複数処方されてていることがあり、薬を順番に見ていくだけでは気づきにくいんですよね。

患者さんの背景を思い描きながら処方鑑査をするとこのような併用禁忌は回避しやすいかもしれないです。

薬を使う本人をイメージした処方鑑査を心がけよう。

これもひとつの対人業務・・・かな?

デカドロン飲めないかもしれません・・・

と、母親より。

ありますよね。

小児科あるある。

 

ウワサのデカドロンはこちら。

f:id:masaoro:20180912194306j:image

かき氷のシロップみたいな色なんですけどね。

なんせ、入ってるのはデキサメタゾン

ステロイドの味ってやつは・・・なかなか強烈です。

 

ニガイ(;´д`)

 

エリキシル剤だから甘みはつけてあるんだけど、逆にそれが・・・

 

マズイ(;´д`)

 

クループで使う時は1回10〜15mLくらいが多いですが、これを1回で飲むのはなかなかの苦行。

ましてや飲むのは子供。

飲みにくい。

錠剤だったらどうだろう?

デカドロンエリキシル10mL=デカドロン錠0.5mg2錠

f:id:masaoro:20180912195012j:image

 

粉砕してみました。

f:id:masaoro:20180912195120j:image

計量したら0.18g

添付文書によるとデカドロン錠0.5mgの質量は1錠93.5mgなので、ロスもそんなにない感じです。

舐めてみたら思ったほど苦くない・・・かも。

賦形剤の乳糖がマスクしてるのかな?

 

分包してみました

f:id:masaoro:20180912195235j:image

なかなかいい感じ。

飲む量が少ないというのは大きなメリット!

エリキシル飲めなかったら、錠剤粉砕で試してもらおう。

 

事前に処方医に提案してみようかな?

 

ちなみにプレドニンの場合はプレドニゾロン散とプレドニン錠粉砕との対決になるけど、プレドニゾロン散はかなりの量になるから錠剤粉砕の方がおすすめですな。