薬剤師おーろの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

子育て

人工降雪機って、かき氷みたいなもんよね〜

昨日は久しぶりにドイツの森へ 祝日イベント「ドイツの森に雪降る」 を子供達いっしょに体験してきた。 おもしろかったよ、いろんな意味で。 どんな感じにするのかな〜と思ったら芝のマット(10m四方くらいかな?)に人工降雪機で雪を降らせて、そこに積もっ…

家庭の10カ条を心に留めておこう

先週のドラゴン桜2にまたまた格言きてましたね〜 ↓ この内容って「東大合格必勝法」というより、子育ての心構えとしてめちゃめちゃ重要な内容だよね。 さて、我が家はできているかチェック。 1.一緒に朝ご飯を食べること →OK 2.何か一つでも家事をさせること…

父親の役割とは・・・母親がニコニコでいられるようにこころがけること。

今週のweekly ochiaiのゲストははなまる学習会の高濱先生。 序盤からフルスロットルで熱かった! いろいろと刺さる話はあったけど、とにもかくにも 「母親がニコニコでいられれること」 これが重要ってことだな。 ニコニコPDCAを実施していかねば。 「恋愛は…

クイズ大会、5歳娘に大好評♫

「クイズしようよ〜」 と言ってみたらこっちの予想以上に食いついた5歳娘。 絵本の内容やキャラクターの名前などクイズの名前はなんでもあり。 「体が黄色で、耳が長くてピンと立ってて、しっぽがギザギザて・・・」 「ピカチュウ !」 こんな感じでやってた…

”才能の正体”を読んだ。今から始めよう。そう思った。

昨日読んだ本はこれ。 才能の正体 (NewsPicks Book) 作者: 坪田信貴 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/10/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ビリギャル著者である坪田先生の新作。 ページを進める手が止まらなかった。 腹落ちする文言が…

100均磁石の使い方【磁石探検隊】

セリアで買った強力磁石。 これ、本当に強力。 めちゃくっつきます。 4枚全部くっつけると子供の力ではとれません。 そのくらい強力。 これだけくっつくなら遊びに使えるんじゃね? と、思った父おーろ。 ポク、ポク、ポク、チーン♪ できたのがこれ 強力磁石…

それは小さな大事件~  おけいこ事って難しいね。

我が娘(5歳)のつい最近のお話。 1ヶ月前から僕が休みの日に ピアノのおけいこに行くようになったのですが、 先週のおけいこの日に 「ピアノ行かないよーーー(ToT)」 と大号泣。 どうしても行かないと言うもので、 話を聞いてみたら 「お父さんが休みの日は…

子供にはバクノビして欲しい!!

うちの子どもは4歳、2歳。 勉強やら学校やらの話はまだまだ先の話だけど 「子どもの底力を圧倒的に引き出す339の言葉」 というキャッチコピーに惹かれて読んでみました。 作者はビリギャル著者の坪田信貴先生。 子育て中の方は一度目を通してみることをオ…

コウノドリ第10話 出生前診断の回をみて

なんか読書感想文みたいなタイトルですね。 今回は出生前診断を行い、ダウン症候群の検査結果を受けた二組の夫婦の話。 ただ涙するという回ではなかったです。 制作側はよくこのテーマを選んだなと思いました。 難しいテーマです。 本当に考えさせられる。 …

「悲しみが繰り返される人がいる 悔しさが繰り返される人もいる

それでも生きている限り明日はやってくる。」 先週のコウノドリ序盤のナレーションです。 今回は不育症の方の話。 冒頭で流産は珍しくないという話が出ますが、 「確率の話をしてもお母さんの悲しみは埋まらないよ」 と、小松さんが言います。 本当にその通…

携帯電話からスマホへ~当時を振り返り、今の中高生の状況を勝手に想像してみるの巻~ 

来週の学校保健委員会に向けてスマホについていろいろと考えているおーろです。 スマホが普及してからの環境変化すごいですよね。 スマホ1つあればショッピングもエンタメもコミュニケーションもOK もはや四次元ポケットと言っても過言ではないかもしれませ…

とういうわけでこの前の続き iDeCo&医療保険編

昨日はあまりの眠さに23時前に就寝 朝までぐっすり寝ました。 やっぱり一番の万能薬は「睡眠」なのかもしれないですね。 というわけで先日の続き ①子供の成長 →これはもちろん楽しみ! ②自分のこれから →これも楽しみ・・・かな? ③親のこと、ばぁちゃんのこ…

8性格をリフレーミングしてみた

リフレーミングについてはこんな記事がありました。 考え方を「リフレーミング」して、前向きな思考を身につけよう - NAVER まとめ よくあるのはコップに水が半分入ってるのをみてどう思うか?ってやつですね。 子供の性格とかだと 人見知り = 周りの状況を…

子供の成長、自分の成長

子どもが書いてくれた絵が嬉しくて、 思わずFBのカバー写真にしてしまったおーろです♪ 親バカ万歳!! 書いてくれたのは長女(4歳) この子が生まれた時にどうやって育てたらいいのかなぁと いろいろな子育て本を読んでいた時期がありました。 ほめて育てる …