薬剤師おーろの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

良薬は口に苦し??

実習生が来ているということで、

時間があるときに薬の味見をしています

味にはいろいろありますよね( *`ω´)

というわけで今日は苦い薬のおさらい

まずはプレドニン

苦い薬といえばステロイド

僕が勤務している薬局はステロイドの継続服用が必要な方が多くおられるので

プレドニンの使用量がとても多いです。

小さい錠剤だけど、苦味力は最大級

実習生、悶絶(+o+)


最近は出番の少なくなったゾピクロン

日数制限もかかり、お目にかかることが少なくなりましたねー(>_<)

以前ゾピクロンの粉砕調剤をしないといけないことがあったのですか

周囲には苦味空間が形成するほどの拡散力

近くに行くと苦い!!

ちなみにご高齢の方はあまり苦味が気にならない場合もありますね

唾液分泌能は年齢に応じたものになるから。。。

苦味が出ないのは良いことだけど

当事者にはちょっと伝えにくい・・・かも。

教科書的なクラリスロマイシン&酸性飲料

かれこれ10年以上前に自分が実習したときに飲ませてもらいましたが

強烈に記憶に残っています。

後味が苦い苦い。

もはや老舗の味??

レバミピドOD錠も忘れてはいけません。

プレドニンに負けず劣らずの苦味力

ムコスタ点眼でも苦味の注意がありますね。

そもそもなぜにOD錠にしたのか。

だいたいが何かの薬と一緒に飲むから水と一緒に飲むよねぇ。

レバミピドOD(おいおい、どうした)錠

・・・なんつって。

 

良薬口に苦しとは昔からの言葉ですが

苦いのはやっぱり飲みづらいものです。

なんでもかんでもOD錠というのはどうなのかなぁ。

OD錠が嫌いな患者さんもいるし。

 

ところで現在、気になっているのはリリカOD錠。

脱カプセルした時の苦味はかなり強烈なんだけど

OD錠はどうなんだろう??

サンプルをもらってないのでまだ未経験状態。

誰か味見したことある人いますか~?