ふぁるまいんどブログ

くすりとこころ 趣味と子育て 徒然なるままに

ネタ切れしたのでサンファイバーの復習をし~ましょ♪

まだまだ酸化マグネシウムで行くぞ~と言いたいところですが

あと何があるでしょう・・・。

 

ニューキノロン系との相互作用あるよ~

 新規ニューキノロン処方の時は便秘薬を飲んでいないか必ずチェックしよう!

 

●腎機能低下者に注意しましょ~

 高マグネシウム血症の初期症状(吐き気、嘔吐、立ちくらみ、徐脈、脱力感)etcをチェックしよう!

 

とかでしょうか?

うーん、ネタ切れしてきた。

というわけで連想ゲーム的にいきましょう。

 

酸化マグネシウム ⇒ 便秘 ⇒ サンファイバー

 

というわけでサンファイバーについて復習。

店内説明会が開催されたんですよね~

 

水溶性食物繊維 サンファイバー | タイヨーラボ【公式】通販サイト|水溶性食物繊維、鉄分、カテキンの通販

 

サンファイバーの特徴は以下の通り

・メインの成分はグァーガム分解物

・原料はインド、パキスタン地方に自生するグアー豆

  (日本での栽培は難しく、原料はインドで生産しているとのこと)

・高発酵性の水溶性食物繊維

  ⇒腸内細菌により短鎖脂肪酸が生成され、腸粘膜機能を正常化

・さっと溶けるので飲み物、食べ物へ溶解OK

  (飲みものについては人によってはとろみが気になる場合あり)

・小児、妊婦でも使用OK

・便秘、下痢どちらも改善

  (難消化性デキストリンは多量にとると下痢傾向になることあり)

・使用初期に好転反応としてガスが発生しやすいかもしれない。

ビフィズス菌、乳酸菌との併用で効果UP

・高齢者施設での導入で排便コントロールの改善やおむつはずしの実績あり

 

と、いろいろ教えてくれました。

個人的には難消化デキストリンとの違いが気になる所でした。

難消化性デキストリンは低発酵性の水溶性食物繊維とのこと。

なるほどね~♪

患者さんの状態と価格などを考慮しながらオススメしていきたいですね。