薬剤師おーろの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

携帯電話からスマホへ~当時を振り返り、今の中高生の状況を勝手に想像してみるの巻~ 

f:id:masaoro:20171123231017p:image

来週の学校保健委員会に向けてスマホについていろいろと考えているおーろです。

スマホが普及してからの環境変化すごいですよね。

スマホ1つあればショッピングもエンタメもコミュニケーションもOK

もはや四次元ポケットと言っても過言ではないかもしれません。

振り返ればポケベル、PHS、携帯電話、スマホとこの20年で通信手段は劇的に変化してきました。

僕はポケベル、PHSは持ったことがなく

初めて携帯を持ったのは大学1年生の時。

大学時代はメールやBBSでの連絡をよく使ってました。

大学院くらいからmixiが流行。

当時はそれなりに使ってたかなぁ。あの頃は無性に足跡が気になってたっけ。

TwitterFacebookが出てきたのは社会人になってから。インターネットはPC主体でした。

スマホを使い出したのは社会人2年目くらいかな?当時出たばかりのAndroidスマホを使ってたけど、フリーズの嵐で何度再起動しことか ・・・そんなこともあり、この頃もネットはPC主体。

本格的にネットをスマホでするようになったのはiPhone6を使い出してからかな?この頃からスマホの使い勝手が格段に良くなってきた気がする。そして今や生活の中心。ほんま四次元ポケット状態。

とまぁ、35歳の私は携帯からスマホへの移行をリアルタイムで経験したわけですね。

ツールの変化に伴ってコミュニケーションの方法も変化してます。僕が中高生の頃は友達と約束する時は学校で約束して帰るか、家から自宅へ電話。方法はこれでした。

今の中高生はどうなんだろう?

この前職場体験に中学生が2人来たけど、1人はスマホ、1人はタブレットを使ってるって言ってました。

学校には持っていかないけど、家ではLINEはしているらしい。

LINEの存在は大きいと思う。

これは自分が中高生の時には無かったツール。

LINEって友達グループといつでも連絡が取れるっていうシロモノですよね。いつでもっていうのは結構クセモノだと思うわけです。

連絡を取るための心理的ハードルが下がります。

気楽に連絡が取れるとも言えるけど、常に連絡が来るかもしれないということでもあり。

しかもグループLINEは複数人のコミュニケーション。

電話やメールは1対1のコミュニケーションだから相手との関係だけ考えればいいけど、グループLINEは対複数だからグループの中での発言を考えないといけない。

それも下手すると毎日。

これってすごいストレスだと思う。

悩むこともあると思う。

僕の中高生時代とは違う種類のストレス。

僕の時代は家で何もしなければそれは自分の時間だった。

でも今の中高生は違うのかもしれない。

LINEでいつでも繋がっている。

自分の時間はどこに?

それは意識して作らないといけないのかもしれない。

いかに自分をしっかり持つか?

「自己肯定感」を持っているか?

ここが大事になりますね、

自己肯定感を育むのは親子のコミュニケーション。

親がいかに子供に共感できるか?

 

・・・まぁこれが難しいんだと思いますが。

 

子供は4歳と2歳だからまだ先の話ではあるんですけどね(⌒-⌒; )

「親の常識は子供の非常識かもしれない。」

その事を念頭において子供としっかりコミュニケーションを取っていきたいです。

 

とはいえスマホタブレットを禁止すれば良いという話でもないですよね。これだけ普及しているツールを禁止すれば時代の流れについていけなくなる。

大事なのは使い方。

どんな方法がいいのかな?

良い方法あればぜひ教えてくださいませ。

 

いかんいかん長くなってしまった。

今日はこの辺で。

ではではー