オルファの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

健康食品もいろいろあって難しいですよね。

「がんが治る」とウソ。健康食品会社に停止命令 | ホウドウキョク

 

健康食品会社の停止命令のニュースがありましたが、

健康食品もなかなか難しいですよね。

とりあえず日本健康・栄養食品協会から図を拝借してきました。

         

この図は結構わかりやすい。

医薬品と一般食品の間に保健機能食品があることがわかります。

保健機能食品はさらに栄養機能食品、特定保健用食品、機能性表示食品にわかれます。

カッコ書きとなっているのは申請のスタイル。

ものすごくざっくり言うと

規格基準型→規定されてる量がちゃんと入ってればOKよ。

個別認可型→申請に従って個別に審査するよ(消費者庁長官のお墨付き)。

届出型→きちんと届出書類をそろえればOKよ(責任は企業が持つ)。

これに関してはサントリーのサイトがわかりやすいかも

www.suntory.co.jp

製造側からすると作りやすい順(≒いろいろなコストの大きさ)は

栄養機能食品 < 機能性表示食品 < トクホ

なのかな?

もともとトクホの要件を緩和したものが機能性表示食品といようなイメージではあるし。個人的にはそんな印象を持ってます。

 

ちなみに「栄養補助食品」とか「健康補助食品」とか「栄養強化食品」とかは

メーカーが自主的につけて表現であって、

特に何かの審査をパスしたとかいうものではないのであしからず。

でもって、健康食品には薬事法の縛りもあるので表現もかなり限定されます。

1日○回とか、体に影響するような表現はできないから「糖が気になる方」とか「カロリーが気になる方」とかこれまたいろいろな表現を駆使した商品がありますね。

 

というわけで

データがそろっていて消費者庁のお墨付きがあるのがトクホ

メーカーが自信を持ってオススメするのが機能性表示食品

栄養成分がきっちり入ってることをお知らせするのが栄養機能食品

こんなところかな。

 

ちなみにガンや難病に効くというトクホや機能性食品はありません。

あればそれは薬になるはずですから。

効果ばかりを強調した健康食品にはご注意を。

使ってみていい感触があって、お財布的に継続可能であれば使用はアリだとは思いますが、使用はあくまで自己責任で。

 

失われたNRの知識を呼び起こして書いてみました。

・・・ほとんど忘れてる~(汗)

ではでは、今日はこの辺で。