オルファの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

コウノドリ第10話 出生前診断の回をみて

なんか読書感想文みたいなタイトルですね。

今回は出生前診断を行い、ダウン症候群の検査結果を受けた二組の夫婦の話。

ただ涙するという回ではなかったです。

制作側はよくこのテーマを選んだなと思いました。

難しいテーマです。

本当に考えさせられる。

本当に考えさせられるので印象に残ったセリフを書き出しました。

 

 

四宮先生の言葉

「赤ちゃんの情報を親が知る権利があるのはわかっている。だがその情報を知った後どうするかを決めずに出生前診断を受けるのは無責任だろ。」

 

夫婦の状況①(生活状況)

「なんらかの疾患があればあきらめると出生前診断をやる前から決めていた。弁当屋をやっていて、子育てにかかりきりなると生活できなくなる」

 

夫婦の状況②(両親の関与)

この夫婦は両親の勧めで出生前診断を受けますが、結果が郵送で通知され、それを見てパニックに近い状態になります。検査したクリニックではその後のフォローはなく、ペルソナでコウノドリ先生に相談。羊水検査でもダウン症と診断され家族会議が行われます。その時、奥さんが実母から言われたこと。

→「この子は諦めた方がいい。あなたが苦労する所をみたくない。諦めた方がいい。」

 

ダウン症の子供の母親

「なんで出生前診断でわかるこの子達だけがはじかれるの?このまま産まれる前に検査するのが当たり前になってダウン症のある子いなくなっちゃうんじゃないかな?私はこの子が愛おしい。」

 

今橋先生の言葉

「命が救えるようになったからこそ、苦悩する家族だっている。命を救うってどういことなのかな?難しいね。」

 

白川先生

NICUを卒業することがゴールじゃない。その後に続く赤ちゃんとご家族の人生に寄り添いたい。それが俺たちの仕事の目標だって今橋先生が教えてくれました。」

 

コウノドリ先生の言葉①

「ご家族が幸せになる選択だとそう自分に言い聞かせている。でもさ、僕は赤ちゃんが好きだから・・・」 

 

ゴロー先生の質問

出生前診断・・・どうして命の選別をするんだろう?」

 

コウノドリ先生の言葉②

「命は尊い。赤ちゃんが産まれてくることは奇跡だ。平等であるはずの命の選別をしてはいけない。その通りだ。けど、僕はずっと迷っている。

命の選別・・・その言葉にみんながとらわれてしまっていてお母さん、お父さん、家族、その事情には目が向けられていない。それぞれの事情の上に命は産まれてくる。育てていくのは家族なんだ。

出生前診断を受けた結果、中絶を選択する家族もある。心が重くなる。いつまでも慣れることはない。けど、悩みに悩んだ結果その選択をして、僕達に助けを求めている。その手を払いのけることはできない。

中絶を決めたお母さんが最後に赤ちゃんを抱きたいと願う。確かに矛盾しているかもしれない。だけど・・・その葛藤に僕達が寄り添わないで誰が寄り添う?

検査を受けた人、受けなかった人、

赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人、

どの選択も間違っていない。いや・・・間違っていなかったと思えるように産科医として家族と一緒に命と向き合っていく。それが僕たちにできることなんだと、そう信じて僕はここにいる。」

 

 

コウノドリ先生の言葉に全てが集約されているようなら気がします。

状況は人によって違う。

どの選択も間違いじゃない。

人によって正解は異なる。

決めるのは・・・当事者。

周りにいる人ができることは当事者の決心を受け止め、寄り添い、支えること。

出生前診断だけでなく人生のいろいろな選択においても同じことが言えるのかもしれません。

 

そんなコウノドリもついに来週で最終回。

しっかり見届けたいですね!!