オルファの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

(備忘録)小児の感染症の登校基準まとめ

小児科の処方箋を受けることが多いので小児の感染症での登校基準を整理。

・・・整理するほど覚えてないやろ!

というツッコミもあるかと思いますが、そんなことは気にせずにっと。

文科省のサイトでチェック!!

リンク先はこちら 

学校において予防すべき感染症の解説:文部科学省

 

症状・予後と予防法も入れようと思ったのですが、

とんでもない量になりそうなので今回は断念しました。

参考になることがたくさん載っていたのでぜひ文科省のリンクをチェックしてみてくださいね。

※【】は原因となる病原体です。

 

●インフルエンザ

【登校(園)の基準】

発症した後 ( 発熱の翌日を 1 日目として )5 日を経過し、かつ解熱した後 2 日を経過するまで出席停止とする ( 幼児にあっては、発症した後 5 日を経過し、かつ解熱した後 3 日を経過するまで )。

 

●百日咳【百日咳菌】

【登校(園)の基準】

特有の咳が消失するまで又は 5 日間の適切な抗菌薬療法が終了するまで出席停止とする。

 

麻しん【麻しんウイルス】

【登校(園)の基準】

発しんに伴う発熱が解熱した後 3 日を経過するまでは出席停止とする。 ただし、病状により感染力が強いと認められたときは、更に長期に及ぶ場合もある。

 

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)【ムンプスウイルス】

【登校(園)の基準】

耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後 5 日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで出席停止とする。

 

●風しん【風しんウイルス】

【登校(園)の基準】

発しんが消失するまで出席停止とする。

 

●水痘(みずぼうそう)【水痘・帯状疱疹ウイルス】

【登校(園)の基準】

全ての発しんがかさぶたになるまで出席停止とする。

 

咽頭結膜熱【アデノウイルス

【登校(園)の基準】

発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要症状が消退した後 2 日を経過するまで出席停止とする。

 

結核結核菌】

【登校(園)の基準】

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで ( 目安として、異なった日の喀痰の塗抹検査の結果が連続して 3 回陰性となるまで ) 出席停止とする。 それ以降は、抗結核薬による治療中であっても登校 ( 園 ) は可能。なお、抗結核薬の予防投薬は、出席停止に該当しない。

 

髄膜炎菌性髄膜炎髄膜炎菌】

【登校(園)の基準】

症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認め
られるまで出席停止とする。

 

感染性胃腸炎ノロウイルスロタウイルス

【登校(園)の基準】

症状のある間が主なウイルスの排出期間であるが、回復後も数週にわたって便からウイルスが排出されることがある。下痢、嘔吐症状が軽減した後、全身状態の良い者は登校(園)可能だが、回復者であっても、排便後の始末、手洗いの励行は重要である。

 

サルモネラ感染症カンピロバクター感染症サルモネラ菌カンピロバクター菌

【登校(園)の基準】

下痢が軽減すれば登校(園)可能であるが、菌の排出は長く続くこ
とがあるので、排便後の始末、手洗いの励行は重要である。

 

マイコプラズマ感染症【肺炎マイコプラズマ

【登校(園)の基準】

症状が改善し、全身状態の良い者は登校 ( 園 ) 可能である。

 

インフルエンザ菌感染症肺炎球菌感染症インフルエンザ菌(Hibなど)、肺炎球菌】

【登校(園)の基準】

発熱、咳などの症状が安定し、全身状態の良い者は登校 ( 園 ) 可能である。

 

溶連菌感染症【A群溶血性連鎖球菌】

【登校(園)の基準】

適切な抗菌薬療法開始後 24 時間以内に感染力は失せるため、それ以降、登校 ( 園 ) は可能である。

 

●伝染性紅斑(りんご病)【ヒトパルボウイルス B19】

【登校(園)の基準】

発しん期には感染力はないので、発しんのみで全身状態の良い者は登校 ( 園 ) 可能である。

 

●急性細気管支炎【主にRSウイルス】

【登校(園)の基準】

発熱、咳などの症状が安定し、全身状態の良い者は登校 ( 園 ) 可能だが、手洗いを励行する。

 

EBウイルス感染症EBウイルス

【登校(園)の基準】

解熱し、全身状態が回復した者は登校 ( 園 ) 可能である。

 

●単純ヘルペス感染症【単純ヘルペスウイルス 1 型、2 型】

【登校(園)の基準】

口唇ヘルペス・歯肉口内炎のみであれば、マスクなどをして登校 ( 園 )可能。発熱や全身性の水疱ほうがある場合は欠席して治療が望ましい。

 

帯状疱疹【水痘・帯状疱疹ウイルス】

【登校(園)の基準】

全ての発しんが痂皮化するまでは感染力があるものの、水痘ほど感染力は強くなく、水痘のような空気感染・飛沫感染はない。病変部が適切に被覆してあれば接触感染を防げるため、登校(園)可能である。ただし、保育所・幼稚園では、免疫のない児が帯状疱
疹患者に接触すると水痘にり患しやすいため、感染者は全ての皮疹が痂皮化するまでは保育児と接触しないこと。また、水痘が重症化する免疫不全宿主(水痘ワクチン接種を受けておらず、白血病免疫抑制剤で治療中の者)がいる場合には、感染予防に対する細心の注意が必要である。

 

手足口病【コクサッキーウイルス A16 型やエンテロウイルス 71 型などのエン
テロウイルス属】

【登校(園)の基準】

本人の全身状態が安定している場合は登校(園)可能。流行の阻止を狙っての登校(園)停止は有効性が低く、またウイルス排出期間が長いことからも現実的ではない。手洗い(特に排便後、排泄物の後始末後)の励行が重要。

 

ヘルパンギーナ【主としてエンテロウイルス属のコクサッキー A 群ウイルス】

【登校(園)の基準】

全身状態が安定している場合は登校(園)可能であるが、長期間、便からウイルスが排出されるので、手洗い(特に排便後、排泄物の後始末後)の励行が重要。

 

伝染性膿痂疹とびひ)【主として黄色ブドウ球菌や A 群溶血性レンサ球菌】

【登校(園)の基準】

出席停止の必要はないが、炎症症状の強い場合や、化膿した部位が広い場合は、傷に直接触らないように指導する。

 

●伝染性軟属腫(水いぼ)【伝染性軟属腫ウイルス】

【登校(園)の基準】

出席停止の必要はない。

 

●アタマジラミ【アタマジラミ。ケジラミ ( 主に性交渉で感染し陰部に寄生 ) やコロ
モジラミ ( 衣類に付着し発しんチフスを媒介する ) とは異なる。】

【登校(園)の基準】

出席停止の必要はない。ただし、できるだけ早期に適切な治療をする必要がある。

 

疥癬【ヒゼンダニ ( 疥癬虫 )。雌成虫は約 400μ、雄は雌の 60% くらいの大きさ。卵は 3 〜 5 日でふ化し、脱皮しつつ幼虫、若虫、成虫になる。生活環は 10 〜 14 日である。雌成虫が表皮角層にトンネルを掘り進み、4 〜 6 週間に 1 日 2 〜 4 個産卵する。】

【登校(園)の基準】

治療を始めれば出席停止の必要はない。ただし手をつなぐなどの遊戯・行為は避ける。角化型は感染力が強いため、治癒するまで外出は控える。

 

●皮膚真菌症 ①カンジダ感染症カンジダ、多くの場合カンジダアルビカンス】

【登校(園)の基準】

出席停止の必要はない。乳児のオムツ交換時に、他の児と接触しないようにする。

 

●皮膚真菌症 ②白癬感染症、特にトンズランス感染症【トリコフィトン・トンズランス ( 白癬菌の一種 )】

【登校(園)の基準】

出席停止の必要はない。ただし、接触の多い格闘技の練習・試合などは、感染のおそれがなくなるまでは休ませる。

 

 

登校基準だけにしぼったのになかなかのボリューム。

覚えておくのはちょっと厳しいので、

情報源をしっかり押さえておこうと思った今日この頃でした。

ではまた~。