薬剤師おーろの自由帳

漫画や本、仕事や子育てのことを思いつきで書いてます

総合診療の専門性とかかりつけ薬剤師

10月の最初にあったプライマリ・ケア認定薬剤師研修会のことを思い出しながら書いているおーろです。

この研修では鈴木富雄先生の講義があったのですが、その中で強烈に残った言葉あります。

 

心臓の専門家でもなく 肺の専門家でもない

消化器の専門家でもなく、整形外科の専門家でもない

総合診療医とは「あなたの専門家」なのです

 

完全に心を打ち抜かれました。

”あなたの専門家”

すごい言葉です。

 

そして領域別専門医が「深さ」であるのに対し、

「扱う問題の広さと多様性」が総合診療専門医の特徴となるとの話。

 

【あなたの専門家】

【扱う問題の広さと多様性】

 

そのまんま薬局薬剤師にも当てはまりそうな感じです。

 

【あなたの専門家】

 →かかりつけ薬剤師

 

【扱う問題の広さと多様性】

 →どこの医療機関の処方箋も応需し、未病から慢性疾患までフォロー

 

しっくりきます。

しっくりくるけどできるのか、これ?

未病から慢性疾患ってめちゃめちゃ範囲広いぞ。

 

できる、できないじゃない。

やるか、やらないかだ!

 

そんなどこかで聞いたことのあるフレーズを反芻しつつ、

気合を入れ直した私なのでした。